特養の入居率低下の実態

かつては50万人の待機者がいると報道されていた特養。地方では高齢者数の減少と低廉な住宅型の登場により、稼働状況に変化が。 今こそ、自治体は施設系と居住系サービスの供給状況を全体把握し、現実的な整備計画の必要性が分かる統計。

「セミナー」関連動画もっと見る動画一覧に戻る

コロナ禍の介護施設の入居状況

業界トレンドを掴む「3つ」のポイント ~老人ホーム事業は今後10年が勝負~

有料老人ホーム等 月額費値上げの実態