福祉施設・高齢者住宅 Data Base BI 解説動画

このページでは「福祉施設・高齢者住宅 Data Base BI」の解説やBIを活用した分析方法など、様々な動画で解説しております。

ホームの商品分析➁(入居率・入居者属性)

老人ホームの競合分析に必要な項目は次の6つ
「立地」「建物」「サービス」「料金」「入居状況」「運営会社」
本動画では、「入居状況」に関する項目を解説。
マーケティングで数ある調査項目の中でも、入居状況は分析結果の裏付けとなる、最も説得力のある情報です。
BIでは、入居率のほか、平均年齢、平均要介護度といった入居者属性に関する情報をエリアや法人別に抽出する事ができます。動画では特定のエリアを例に挙げて「供給率✕入居率」の分析方法も紹介。

1)入居率・入居者属性のデータについて
2)平均年齢~平均要介護度の全国傾向
3)入居率について(エリア事例、法人分析)
4)BIの操作方法

資料請求のお問合せはこちら

一発でわかる! ホームの商品分析➀(ハード/利用料)

老人ホームの競合分析に必要な項目は次の6つ
「立地」「建物」「サービス」「料金」「入居状況」「運営会社」
本動画では、「建物」(居室面積)と「料金」のデータ項目を解説。

利用料は、従来の入居一時金型(前払い金)が減少し、現在は全体の9割が「月払方式」。
BIでは、支払い方式の内訳のほか、前払い金の平均額や、月払方式の月額費をそれぞれ抽出できます。運営事業者は新規出店時の価格検討に、メーカーは営業先のターゲットの絞り込みに使えるデータ群。全国の平均値も紹介します。

資料請求のお問合せはこちら

介護施設の需給バランス➁(事業者ランキング~年次推移)

ホームの競合分析を行う前に、まずは出店企業の傾向を「面」で掴む作業は必須です。前動画➀で得た高齢者や供給率データに出店企業の動きを重ねる事で、エリアニーズの検討を深めていきます。

BIではメディアでも人気が高い「老人ホームランキング」を、エリア、開業年、タイプ等の自由な組み合わせで一発表示。
さらに、開業年データから「年次推移グラフ」が自動生成され、「今、出店数が多い事業者はどこか?」がデスクトップ上で簡単に分かります。

資料請求のお問合せはこちら

介護施設の需給バランス➀(要介護者数~施設供給率)

「当地が施設ニーズが高いエリアか」「供給は不足しているのか」
こうした需給バランスを見極める事は、新規出店時やエリア営業の際に大きなポイント。
BIでは外部環境分析に関する必須項目を絞り込み、事業判断に役立てるよう自治体間の比較ができます。本動画では、これら分析項目の解説のほか、施設供給率の全国平均値を紹介します。

1)ターゲット層(入居者層)のデータ
2)施設の供給状況に関するデータ

資料請求のお問合せはこちら

自立型/介護型ホームの商圏設定

BIを使った老人ホームの商圏設定の機能を解説。
介護型と自立型ホームの商圏の違いや、他の地図システムやアプリ活用をご紹介します。

1)介護型ホームの商圏について
2)自立型ホームの商圏について
3)地図ソフトの利用

資料請求のお問合せはこちら

ネットだけでは分からないレアな介護データ

BIに搭載している5.5万件の介護データについて解説。
圧倒的な情報量と精度の違いは「何が」違うのかが分かります。

1)全国から施設データを収集
2)エリア・目的に応じて選べるデータ
3)ホーム事業者から福祉機器メーカーまで幅広い利用実績

資料請求のお問合せはこちら

3分で分かる介護施設に特化したBIツール

初めての方は本動画からご覧ください。
業界唯一。BIの概要が分かる2分50秒のショートムービー。

資料請求のお問合せはこちら